お仕事をお探しの方

ジョブ・ジョブとかちで就職決定<第60回後藤 洋介さん>

2018年2月6日(火)17:08

『がんばる先輩紹介』ページ、第60回に登場して頂く先輩は、

【相互電業 株式会社】に就職を決めた後藤 洋介さんです。


相互電業 後藤さん


後藤さんに、現在のお仕事について、今後の目標、就活で苦労した事など、お話しを伺いました。


現在のお仕事について教えてください。

電気工事の施工管理業務を行なっています。具体的には、お客様から電気工事の引き合いを受けてから、見積を作成・提出し、受注すると施工図面の作成、工事業者の手配、材料の用意を行ない、工事が開始すると、現場状況の確認や工事業者への指示を通して、請け負った工事の施工管理を行ないます。

前職において、電気工事の設計に携わっていたのですが、現在の施工管理を行なうためには、材料や工法、電気工事の他に建築工事等の深い知識が必要であることがわかり、当初思い描いていたよりも大変な業務だと思っています。現在も日々勉強中ですが、現場にて自分の作成した図面通りにモノが出来上がっていく様子を見ることが面白く、やりがいのある仕事です。

 

goto3_1


ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムの印象は?

出身が帯広であり、就職を機に道外へ出て、10年ほど大阪の企業に勤めていたのですが、住環境等を考え、年々帯広へ戻りたい気持ちが高まっていました。大阪で結婚し、子供も生まれていたのですが、長男が幼稚園に入園する前に移住しようと意を決し、インターネットで帯広市への移住に関していろいろ検索していたところ、ジョブ・ジョブとかちを見つけ、Uターンを推進していること、情報公開企業数が多いことから、ここに登録すれば移住の活路を見出せるのでは、と思い、登録しました。

帯広市東京事務所でジョブ・ジョブとかちの登録を行なった際、当時の仕事内容と転職にあたっての希望職種を伝えられたので、情報公開後は自分の希望する数社の企業からリクエストをいただき、とてもスムーズに転職先を決めることができました。

ただ、ハローワークを通じた企業紹介なので、まず大阪のハローワークへ行き、ジョブ・ジョブとかちのシステムを大阪ハローワークに説明することに最初は苦労しました。


求職活動で気をつけたことや苦労したこと等はありますか?

学校で学んできたことや、前職の経験がムダにならないよう、これまでの経験をなるべく活かせる職種・企業を慎重に探しました。そして、気になった企業については、求人票や企業のホームページだけではわからない、社風や社員の人柄を知るために、可能な限り面談を申し込みました。面談時においては、転職後に自分の思い違いから後悔することのないよう、自分がこれまでにやってきたことと、この企業に転職して何をしたいのかを採用担当者にハッキリ伝えることを意識していました。

また、実感したことは、転職はタイミングが重要であるということです。私は幸いにも自分の希望する企業を短時間で探すことが出来ましたが、企業が求める人材は、その時々で変化するので、転職活動を始めたときに自分の希望する職種・企業が見つからなかったとしても、時間をおけば見つかる可能性があります。その点、ジョブ・ジョブとかちに登録しておけば、自分の希望する職種の企業が求人を出したタイミングでリクエストがくるので、転職希望者にはありがたいシステムだと思いました。


今後の夢や、今後の目標を教えてください。

相互電業 後藤さん

まずは電気工事施工管理の腕を上げ、早く一人前になり、利益を上げられるようになることです。そのためには電気工事だけでなく、建築工事等の知識を増やし、施工管理技士の資格を取得することを当面の目標としています。

そして、転職してまで戻りたいと思った帯広・十勝にて今後も家族で暮らしていきたいと思っています。


求職者の方へメッセージをお願いします。

転職して自分のやりたい仕事を明確にし、それを諦めないことが肝心と思います。転職活動はとてもエネルギーを使いますし、精神的に辛くなるときもありますが、私は自分の希望する転職ができた場合の、仕事や生活を想像してやる気を出していました。上記にもあるよう、転職はタイミングなので、希望する転職先が見つからなくても、時間を置けばみつかる可能性もあります。

皆さん転職するからには、それ相応の理由や希望があると思いますので、それらを実現するために、妥協せず諦めないことが重要だと思います。


企業側の視点

相互電業 株式会社

代表取締役社長 板倉 利幸氏

相互電業 板倉さん

 

ジョブ・ジョブとかちのシステムについてはいかがですか?

ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムは非常に優れていると思います。

管外の求職者には、私達中小企業は中々アプローチしにくいものです。しかし、ジョブ・ジョブとかちでは東京などの首都圏で説明会を開催してくださるので、就職希望者の窓口は間違いなく広がります。実際弊社では、山梨と大阪からの転職者を採用することができました。道外では会社説明会などは一切行ってきておりませんでしたので、今までの弊社のネットワークでは絶対にできなかったことです。


後藤さんの印象や、現在の仕事振りはいかがですか?

面接時の印象は、非常に優秀な人財だなと感じました。誠実で真面目な印象でしたし、コミュニケーション能力も長けていたので、是非弊社に来てほしいなと思っておりました。入社後は、誰よりも努力し、すごいスピードで仕事を覚えています。その仕事ぶりが他の社員にも認められ、弊社の年間最優秀社員賞にも選ばれました。


相互電業 後藤さんと板倉さん


就職活動中の方へ、メッセージやアドバイスをお願いします。

私は面談の時は、その人の素の姿を見ようと心掛けています。その人が何を大切にしているのか、仕事への考え方や今後の人生をどう考えているのかなど、履歴書に書かれていない事も重要だと考えています。

人にはそれぞれ良い所もあれば改善しなければならない所もあると思います。その事は面接している人も十分わかっていると思うので、「本当の自分の姿」を見せる事が大切だと思います。


相互電業

 

相互電業株式会社の採用情報はこちら

http://www.sougodg.co.jp/recruit.html