お仕事をお探しの方

がんばる先輩 第35回 桜井 隆宏さん

2012年3月14日(水)16:51

 ジョブ・ジョブとかち『がんばる先輩紹介』ページ、第35回に登場していただく先輩は、

  十勝海運株式会社にお勤めの

桜井 隆宏さんです。


DSCF2146

最近は仕事に充実感を覚えてきた桜井さん!!


  桜井さんは、ジョブジョブとかち求職者登録システムに登録し、協議会での情報公開→リクエスト→企業面接を経て就職が決定し、現在は営業事務・船舶代理店業務のお仕事に就いております。早速、再就職や現在のお仕事についてご紹介いたします

 

  

 ~求職者とのQ&A ~

 

 


Q、現在のお仕事について教えて下さい。

A、船の綱とりをしています。例えば、小さな船では499tから大きな船では20,000t超の国内船や外国船の出航・着岸・代理業務を行っています。わかりやすくいうと、弊社は船と港の仲人的な役割なんです。


   Q、ジョブジョブとかち求職者登録システムを知ったきっかけは?

 

A、ハローワークが主催する給付説明会に参加した際に、パンフレットをもらい知りました。

 

   Q、そうだったんですね。では、ジョブジョブとかち」の印象はどうでしたか?

                                                                                             A、登録→公開する事で、会社との距離も縮まった気がします。自分の手の届かない部分での就職活動が可能になった印象があります。以前は新聞広告で応募し面接したら、先方様が求めている人物と、自分の考え方が随分かけ離れていた体験をしたこともありました。

「ジョブジョブとかち」は、違う観点から見れるところも強みだと思います。

Q,現在の会社に入るまで、何回くらい面接を受けましたか? 

 A、そうですね。今までに面接した会社は5回程度で、書類審査では10から15回程の活動がありました。

 

 


Q、今後の目標を教えて下さい。


 
桜井さんの作業場風景

桜井さんの作業場風景

   

  A、仕事を通じてスキルアップを図ることと、通関士の取得を目指し頑張っています。国家資格である通関士というのは、輸出や輸入に関して海運の司法書士や行政書士みたいなもので、書類作成や業務代行及び、税関に対して不服申し立てができる資格なんです。以前に宅建資格をとった経緯と法学部卒ということ、そして前職も法律関係で勤務していた経歴から私が選ばれました。

今は10月の試験に向けて、日々猛勉強しています。 

 

 

 

Q、それでは最後に、これから転職を考えている方にメッセージをお願いします。


A、とにかく今は厳しい就職難です。ハローワーク等のサポート機関を利用することで、無駄な時間や労力が減少されると思ます。



 

 



◆  企業側の視点から◆

 十海運株式会社 専務取締役 堀田 晃三


明るく、親切、丁寧で心配りができる素敵な方でした

明るく、親切、丁寧で心配りができる素敵な方でした


    

 

~ 企業のご紹介 ~

祖父が創業した後は、昭和36年に法人化をしまたが、実際は約70年近くになります。

 弊社は、北海道十勝港を拠点に、陸運事業、倉庫保管事業、船舶代理業務、港湾仲継など、経済活動に不可欠なお客様の物流ニーズをトータルにサポートしています。

弊社の取扱貨物は飼料原料・小麦・石炭・木材等多岐にわたります。大小様々ですが、1棟の倉庫当たり最大約3000~4000tの飼料原料を保管しております。陸運事業では、18台のトラックを所有しており、十勝管内を中心に道内各地の輸送をしております。

 弊社は、社会に貢献できる会社、お客様に満足していただける会社でなければならないと思っています。地元企業として十勝港発展のために港湾運送事業を更に強化していく考えです。新たに11月に竣工した第11号倉庫を拡張し、今後もより一層、付加価値の高い倉庫設備とサービスでお客様のニーズに対応していきます。

  そして今年4月からは、新たに新卒で男女各1名採用し、スタートしたいと考えています。これからも地域に根ざした企業として、共に成長する企業でありたいと考えています。 

Q、専務の経緯と仕事内容を教えてくれますか?

A、はい、私は高校、大学、最初の会社も東京で勤務していたんですが、平成15年に弊社に入社しました。現在は兄が代表取締役社長に就任し、兄弟で頑張っています。私も、今年で9年目になりますね。

私の仕事としては、資金管理と設備管理、総務、人事まで全ての業務に携わっております。

 

Q、震災の影響はありましたか?

  A、去年の3月は大地震の津波の影響もあり、1F部分が全て浸水になり、機器や車等が水没しましたし、被害総額も約1億円程度にのぼりました。しかし、社内全員が一丸になり迅速な対応のお陰で、人災もなく乗り越える事ができました。現在は、2F部分に事務所を移転しました。


 

  

  Q、採用するうえで最も採用したいと感じる人材像はどういった方でしょうか?

  A、そうですね。採用する上で弊社は3つの条件があります。

①元気がある人(周囲の人を引っ張っていけるような方)です。

②本当に、この会社に入って頑張るのだとやる気が感じられる人です。

③挨拶がしっかりでき、コミュニケーション能力がある人です。

※資格(大型自動車免許Ⅰ種、大型特殊免許)を取得している方は、優遇させてもらっています。

 

   面接で感じること(良い意味&悪い意味)や重要視することはありますか?

                                    

 DSCF2153

 

A、面接時に「質問ありますか?」と聞いて「何もありません」と答えられるとやる気のない人かと思ってしまいます。

また、面接時の言葉遣いも見ておりますし、「挨拶と元気」という点でも見ています。社長を始め経営陣は、「挨拶と元気」だけは毎日意識はしていますし、社内に徹底してます。

   Q、取材という理由で貴社に訪問した際と退室した際は、社長始め社内全員が起立して送迎していただいのが、とても印象的でした。

 

 

 Q、ジョブ・ジョブとかちのシステムについてどう思われますか?

  A、地元の雇用促進も考えていますので、今年は地元の新卒の方2名を採用させてもらいました。しかし、地元ではない中途求職者を採用する際には、ハローワークや求人雑誌しか頼れないのが現状です。そうなると情報が一方通行になってしまいすが、「ジョブジョブとかち」は、会社側が求める人材の絞込みがしやすいので、これからも求人の募集をする時は参考にさせて頂きます。