お仕事をお探しの方

がんばる先輩 第34回 須田 裕介さん 久保 拓也さん

2012年3月16日(金)10:00

 ジョブ・ジョブとかち『がんばる先輩紹介』ページ、第34回に登場していただく先輩は、

                                                                                                                             

道東電機㈱にお勤めの

須田 裕介さんと久保 拓也さんです。

    

DSCF2222

毎日お客様のことを考え奮闘している須田さん


 

  お二人は、ジョブジョブとかち求職者登録システムに登録し、協議会での情報公開→リクエスト→企業面接を経て就職が決定し、須田さん(写真左)はサービス業の統括(副センター長)として、事業拡大や新規事業の提案実施、2次会社の管理・指導などを行っています。久保さん(写真左下)は、現在釧路の事務所で働いており、ヤマダ電機 北海道出張サービスセンターとして、釧路地区の家電製品をメインに修理担当をしております。では、早速再就職や現在のお仕事についてご紹介いたします


 


 ~求職者とのQ&A

 

 Q、須田 裕介さんに質問します。

   Q、ジョブジョブとかち求職者登録システムを知ったきっかけは?

A、ハローワークの1回目の失業保険受給認定のとき、職員の方からの紹介と、チラシを見て知りました。

  

   Q、ジョブジョブとかち求職者登録の印象は?

A履歴書や、経歴書の書き方をとても丁寧にしっかり教えていただいたり、個人ではなかなか得られないような会社情報を知ることができたため、非常に良かったと思います。また、自信がなくても、背中を押してくれるとても心強い頼りになるシステムだと思いました。


    Q、協議会の活動で良かったと思うことはありましたか?

    A自分の経歴を客観的に見てもらうことが出来、更に自分に合いそうな職業や、マッチングできそうな業種・職種のアドバイスをいただけたことは非常に助かりました。また、性格検査をし、相談員によるカンセリングもしてもらえたので、転職に迷っている自分にとって大きな参考資料になり助かりました。

 

                                                                                               

Q、今後の目標を教えて下さい。

今後の目標は、弊社のサービス事業を現在の道東のみならず、5年以内に全道展開を達成したいという目標を持っています。それにより利益を大きく上げ、会社に貢献していくことです。そして私は仕事を通じ、自分の能力や人間性を高めていきたいと思っています。また積極的に人脈をつくり、たくさんのことを学ばせてもらいたいと思っています。

   

 

  Q、 それでは最後に、これから転職を考えている方にメッセージをお願いします。

A、現状の仕事や人間関係に満足していない方は、たくさんいると思います。自分もその一人でした。勇気を持って踏み出せば、必ず学べることがたくさんあります。例え失敗しても、失敗すら学びなのだと気づくことが出来ると思います。気持ちが前向きにならないのなら、転職した方が良い場合もあります。私は転職した事で今は、弊社の仕事に携わる事ができ、とてもやりがいと充実感を持って仕事に取り組んでいます。

 

 Q、久保 拓也さんに質問します。

   Q、実際異業種の分野で勤務されて感じたことや、苦労したことはありますか?

 


 

道東電機 期待のルーキー!!

道東電機 期待のルーキー!!



 

 

 

 

 

 

 


 


今感じていることは、修理の作業は機械を直すことだけではなく、「お客様の生活を治すことです。」それを意識して仕事をしていきたいと思っています。の不安や怒りなど納得いかない感情を感じ取れます。お客様からは、家族の生活に対して


 

Q、今後の目標を教えて下さい。


A、今後の目標-「職人」になることです。いざという時に必要とされる人材になりたいです。一朝一夕でなれる訳ではありませんが、日々の積み重ねや、謙虚な姿勢が必要だと感じます。もしも、トラブルが起きた時に、「久保がいれば大丈夫だ」。「久保に任せれば大丈夫」と思われるサービスマンになりたいです。      

 企業側の視点から

道東電機㈱  代表取締役 佐藤 睦浩社長                      
ちょっぴり照屋な佐藤社長!でも会社の話をされたら本気さが伝わってきました。

夢も一杯、そして常に社員の未来を考えている佐藤社長でした!

~ 企業のご紹介 ~ 弊社は、「コスモス・ベリーズ」へ北海道一号店として加盟いたしました。 ヤマダ電機様の販売額2兆円を超える日本一のスケールメリットである安さと安定仕入、最新情報提供を実現し、更に地域専門店としてスモールメリットである、きめ細やかな迅速サービスを兼ね備えた家電店としてスタートさせて頂いております。さらに現在は、ヤマダ電機様の全道の出張修理サービス、クリーニングサービスも請けたまわり、更に十勝管内の配達・設置・工事も協力会社として事業も開始しております。   また、時代の要望に応えた環境ビジネスである太陽光発電の販売も大変に多く、この数年で累計1MWを超えようとしております。またエコビジネスであるリサイクルショップも帯広・札幌を中心に営業させて頂き、更なる飛躍を目指した「あいうえおネット」のインターネットでの商品検索サービスもご好評を頂いております。
創業以来お世話になっております地域のお客様へのサービスを高めるべく、パソコン教室運営やハウスクリーニング「おそうじ本舗」との提携、エコ給湯を中心とする設備提案、弊社初となる飲食業である「居酒屋・祐一郎水産」の挑戦等々、これからも地域で喜んで頂けるサービスを目標に社員一丸となり取り組んで参ります。
 また、弊社は各地区に店舗を構えているので、お気軽にお店にでも寄っていただければ、スタッフが親切に対応いたします。太陽光発電に、ご興味のあるお方はぜひ弊社にお問い合わせ下さい。無料見積も承っております。
 

  Q、それでは質問します。採用するうえで最も採用したいと感じる人材像はどういった方でしょうか?

 A, 採用したいと感じる人は、経営理念や、経営計画を理解し、率先して人に教えていくことが出来る人や、今までの職歴から合う仕事を探すのではなく、今まで培ったことを如何に生かすことが出来るかを考られる人です。    

  Q、面接で感じること(良い意味&悪い意味)や重要視することはありますか?

 A、採用時は当社にどれだけ興味をもっているかや、会社のことを話した時に、どれだけ興味をもってくれるかです。  社内に自分が就く業務の展望を考え、更に目標を持って、仕事ができる人を望んでいます。弊社は可能性を感じれるかどうかなんで、敢えて狭き門にはしていないんです。”来る者拒まず”という考えです。なので、考え方・接し方として適応能力がないと駄目かと思います。  
   

 Q、当時を振り返り須田さんとの面接はどうだったでしょうか?そして採用してみてどうしたか?

かなり高いスキルを持っているなと思いましたが反面、前職での古い考え方も持っているなと思いました。良い意味・悪い意味でも芯があるのですが、頑固な部分も面接時に見えてきました。 しかし、弊社の社風や、周りのスタッフがいれば彼は変化できると思えたし、社内にとってメリットのある方だと自信を持てたので採用しました。今後は下請け業者、得意様、お客様にとって、どこよりも満足してもらえるサービスを提供していって欲しいと思います。
 
弊社で現在販売強化している太陽光発電の前にて

弊社で現在販売強化している太陽光発電の前にて



   

 Q、久保拓也さんの印象はどうですか?


A、採用するにあたって、前向きな考え方やがむしゃらさが、周りに対して良い雰囲気がつくられると思います。今後は釧路サービス店の所長になって部下を育成していって欲しいです。そして彼の性格なら大丈夫だと思っています。大いに期待しております。

 Q、ジョブ・ジョブとかちのシステムについてどう思われますか?

   、こちらの欲しい人材を把握してもらうことにより、登録者の中からより適任である人材を推薦してもらうことが出来るので、雇用までがスピーディーであり、より早く事業を動かすことが出来、すばらしいと感じました。 登録者には、こちらの会社概要が伝わっており、話をスムーズに進めることが出来るのも大きな利点であると思います。 人材が欲しいと思ってすぐに対応してくれるのも、ありがたいと思います。 研修や適性検査など、すでにしてもらっているところにとても安心感があります。





 

A、まず、入社して難しいと思ったことは、「不安」との付き合いかたです。最初は自分の経験不足、知識不足のため「仕事をこなすこと」ができるのかという不安がありました。実際見るのとやるのとの違いは大きく、完了までのイメージがつかないことに苦労し、そのたび会社の皆に助けていただきました。もう一つは自分以上に不安になっているお客様です。家電修理なので自分が現場に行くときには洗濯機、冷蔵庫、TVなど言わば生活必需品が機能していない状態です。