お仕事をお探しの方

がんばる先輩 第30回 男性(匿名)

2011年6月25日(土)17:00

 ジョブ・ジョブとかち『がんばる先輩紹介』ページ、第30回に登場していただく先輩は、

                                                                                                                             

 

㈱丸三三和にお勤めの方(男性)の紹介です。

 

 

  ジョブジョブとかち求職者登録システムに登録し、協議会での情報公開→リクエスト→企業面接を経て就職が決定し、現在は、トラックや大型自動車の整備・車検をしております。早速、再就職や現在のお仕事についてご紹介いたします


 ~求職者とのQ&A

 

   Q、ジョブジョブとかち求職者登録システムを知ったきっかけは?

A、札幌方面、十勝管内を視野に就職活動をしていました。妻がインターネットで調べていたら「ジョブジョブとかち」を見つけ一緒に登録の申込みをしたのがきっかけです。 

 

  Q、ジョブジョブとかちの求職者登録システムの印象は?   

 A、 仕事が見つからなく精神的に不安になった時もありましたが、協議会のスタッフやカウンセラーの相談員をはじめ、とても親切な方でしたので安心できました。また、相談員の先生のアドバイスが的確で精神的にも安心しました。そして、登録すると協議会主催のセミナーに無料で参加する事ができるので、セミナーには3つ(接客営業・産業機械・チーズ工房)参加させてもらいました。妻と一緒に参加したセミナーもありました。参加してみて、参加者との交流を通して情報交換できたのがとても良かったです。また、新しいスキルの習得にもなりました。 

 

    Q、協議会の活動で良かったと思うことはありましたか?

                                                                                               

A、  私は十勝の自然や食材に興味があって就職活動をしてきました。

「ジョブジョブとかち」にとりあえず登録だけさせてもらいましたが、情報を公開していなければ帯広に来てませんでした

また遠方ということもあり、十勝の情報がインターネットでしか知る事ができない状況の中、どうすれば十勝で働く事ができるか悩んでいたんです。「ジョブジョブとかち」に登録してからは、セミナーを通して講師や参加者から情報の提供や、協議会から企業情報を提供してもらえた事が本当に良かったですね

     Q、転職活動で気をつけたことはなんですか?

 、私が住んでいた道北地区のハローワークでは、新規で求人公開する企業は月に1件から2件くらいでした。厳しい就職状況の中で、仕事を探していたのが現状だったんです。また、事情もあり去年の3月から転職を真剣に考えるようになりました。一番苦労した事は「何をしていいかわからない」って事でした。なかなか書類選考や面接で不採用になってしまったり、違う業種を探している時にも、前職の自動車業界を引きずってしまったりと大変でした。


Q、現在の会社に入るまで、何回くらい面接を受けましたか?

 「ジョブジョブとかち」から紹介いただいたのは3社ですが、正式には1社(丸三三和)だけ面接を受けました。

   

  Q、 それでは最後に、これから転職を考えている方にメッセージをお願いします。

A、私は就職活動中は自宅が道北だったので、帯広に来るだけでも片道6時間くらいかけて来てました「家にいて何もしないより出来るだけ家から出てアンテナを張り情報収集に努めてみては!!」と思います。

登録説明会・情報を公開するにあたっての準備や各セミナーの参加・企業面接をする為、帯広に何度も足を運ばせてもらいました。

また、とにかく行動する事も大事ですが、慌てないことも心がけました。その甲斐があって、夫婦そろって仕事に就くことができました

 

*今回は本人、企業の希望により、匿名にて公開させて頂いております。御了承下さい。

 

   

◆  企業側の視点から

㈱丸三三和  

   

DSCF0822

               

       代表取締役  中井 浩二 社長

  ~ 企業のご紹介 ~

当社は今年で創業43年目を迎えました。現在は自動車の販売・修理をしておりまして割合としては、企業・法人が8割を占めています。

種類としては、主に商用車(トラック)や建設工事現場のライフラインに直接関係する車輌系の販売や修理です。一般車検とレンタカーもしております。

差別化としては、当社は、普段他社が取り扱っていない車輌や部品を取り扱っているので、メーカーの研修には積極的に参加したり知識や資格の取得を推奨しております。また、安全・衛星に関しては毎日の朝礼で力を入れております。

また、報・連・相の徹底は勿論、指差し確認やダブルチェックも行っています。

また、重量物の器具や油圧式の工具を使っているので危険な工具もあり、スタッフには毎日の整備を入念に確認させる事でケアレスミスの防止にも努めています。

震災の影響は、直接 私の会社にはさほど影響はありませんでしたが、お客様には影響があった事を聞きました。謹んでお悔やみ申し上げます。

 

 

  Q、最も採用するうえで採用したいと感じる人材像はどういった方でしょうか?

 A、 柔軟性を大事にしています。面接時ではそれを重点的に見ています

弊社はサービス業でありますから、人柄がでるような方。積極的に言葉を投げかけれる方を必要としています。現在も整備士を募集しておりますが、技術も大事ですが人柄も重視しています。 

Q、今回リクエストから採用してみてどうでしたか?

A、今は、エンジニアとしての経験を積んでもらっておりますが、本人のスキル・経験を考慮し将来的には、営業を含めて交渉や外回りなどのフロントをしてもらう考えでもあります。補強を考え採用させてもらいました。

 

Q、面接で感じること(良い意味&悪い意味)や重要視することはありますか?

  A、経験というより人柄ですねなぜなら、固定観念があると次のステップに中々進めていけないんですよ。この業界は職人気質の方達が大変多いです。会社を運営していく上で、以前の経験やプライドを持ち込まれるよりも、やはりチームとしての一部分になれるかだと思うんです。

また、経験した分だけ、苦労をしているのも重々承知しておりますが、主に機械を扱う仕事なので、基本はそれほど難しくないですが、応用が複雑なんです。昔と違って、今の工具や機械は、ほとんどが電気で動いているんです。だから「柔軟性」なんです。

 

 Q、ジョブ・ジョブとかちのシステムについてどう思われますか?

  

、望んでいる人材を選んでいただき、また要求に対してスピーディーに対応してもらいました。履歴書だけの書類1枚で中々判断できない中で、「ジョブジョブとかち」のシステムはもう一歩、二歩と深い内容で公開されているので 面接する上で参考にしやすい内容になっています。また、ある程度人柄の確認や現状も把握できましたので助かりました。